Beautiful Sky∼せんせいあのね∼

世界をもっとカラフルにする情報発信中…!

七夕ってなんだっけ?由来や物語をサラッと簡単に復習したい大人の皆さまへ!

f:id:riosa0903:20180706093632p:plain

 こんにちは!どうも、おーか (@319ss)です(´・ω・`)

 

もうすぐみなさんおなじみの、七夕(たなばた)☆彡

7月7日の夜、ついつい空を眺めて「晴れてるかな?」「天の川、見えるかな?」って気になっちゃいますよね!短冊に願いごとを書いて笹に飾って…。

 「笹の葉さ~らさら~」とか歌っちゃって、ロマンチックでなんだか素敵な行事…♡

 

さて、今回はそんな七夕についてですが、なんか子どものころにやったのは覚えてるし、今も「七夕!たなばた!」言うけど、そもそも七夕ってなんだっけ?どんな話だっけ?とあやふやな記憶になっている大人のみなさまへ!

 

サラッと復習していきませんか??

(サラッと読みたい項目だけ、目次の項目をタッチして飛んじゃってください)

 

目次

 七夕ってなあに?

もともとは奈良時代に中国から伝わった節句です。

7月7日の夜、色とりどりの短冊に願い事を書いて、笹の葉につるして星にお祈りをします。皆さんも小さいころ経験したはず。

ちなみにこの習慣は中国から伝わた「乞巧奠(きこうでん)」に日本由来の伝説が合わさったものなんですって。

 

七夕のロマンチック物語

f:id:riosa0903:20170707040611p:plain

ーーーーーー

昔々、天の川のそばには天の神様が住んでいました。

天の神様には、織姫という娘がいました。織姫は神様たちの着物を作る仕事をしていました。

織姫がやがて年頃になり、天の神様は娘に、お婿さんを迎えようと思いました。そのお婿さんが、天の川の岸で天の牛を飼っている、彦星という若者で、とても立派な若者でした。

二人は相手を一目見ただけで、好きになりました。二人は結婚して、楽しい生活を送るようになりましたが、仲が良過ぎて、二人は仕事を忘れて、遊んでばかりいるようになったのです。

すると、天の神様のもとへ、「織姫が機織りをしないので、皆の着物が古くてボロボロです。早く新しい着物を作って下さい」「彦星が世話をしないので、牛たちが病気になってしまいます」と皆から苦情が殺到。

 

神様は怒って、織姫と彦星を天の川で離ればなれにしたのです。

 

でも天の神様は、織姫があまりにも悲しそうにしているのを見て、一年に一度だけ、七月七日の夜だけ、彦星と会うことを許しました

それから、一年に一度会える日だけを楽しみにして、織姫は毎日、一生懸命に機を織りました。天の川の向こうの彦星も、天の牛を飼う仕事に精を出しました。

 

そして、待ちに待った七月七日の夜、織姫は天の川を渡って、彦星の所へ会くのです。

ーーーーーー

最初はいちゃいちゃしすぎてやらかした織姫と彦星ですが、結果、今は大好きな人に会う日を楽しみに、一生懸命頑張って働いているんですね!

 

この物語をサラッと!!

さて、この物語をサラッと。

・昔々機織り娘の織姫と、農業専門の彦星がいた。

二人はとっても働き者だった

・二人はお見合いで知り合い、恋に落ちた。

いちゃいちゃしすぎて働かなくなった

・周りに悪影響が出て神様に離ればなれにされた。

・落ち込みすぎた織姫に神様は同情して1年に1回だけ二人を会えるようにした。

 

以上です!!

サラッと言うとなんだかロマンチックさも何もないですが、大人は時間もないでしょうし、サラッと復習ということでお許しください~

 

短冊に願い事を書く理由

はじめは、中国の「乞巧奠(きこうでん)」から来ていて、機織りの再訪の上達を願われていたらしいのですが、それがのちに書道や芸事の上達も願われるようになったとあります。

 

それが時が経つにつれて、「短冊に願い事を書く」に変わり、それが叶うという言い伝えになりました。

 

機織りの上達を願う

 →書道や芸事の上達を願う

  →短冊になんでも願う(☜イマココ)

f:id:riosa0903:20170707040819p:plain

 

笹に飾る理由

笹は昔から魔除け役割があると言われていて、それに加えて、竹は、根がとても強く、成長がものすごく早いことから生命力の象徴とされていました。

また、中が空洞になっているのでそこに神が宿るとされ、さらにはご先祖様が、地上に降りてくるときの目印にするようにもなったそうです。

こうしたことから神聖な竹に願いごとやお供えをするようになったのです。

f:id:riosa0903:20170707040954p:plain

 

織姫と彦星、星のお話し☆

織姫は星でいう、こと座の「ベガ」。彦星はわし座の「アルタイル」。

聞いたことある人も多いんじゃないでしょうか。なぜならこの二つの星は、夏の大三角形を構成する2つの星だからです。ちなみに夏の大三角の3つ目は、はくちょう座の「デネブ」。

f:id:riosa0903:20170707041413p:plain

この織姫(ベガ)と彦星(アルタイル)ですが、お互い15光年も離れているんだとか15光年と言うと、光の速さ(秒速30万㎞)でぶっ飛ばしても15年かかる距離なのですっっっっっっごく遠くにいるんですね~。

 

1年に1日だけ会える織姫と彦星だけど、結構大急ぎで会いに行かないといけませんね…!!!というか光の速度を越えて会いに行かないと…!!!笑

 

七夕のうた♫

七夕の歌というと、さ~さ~の~はさ~らさら~♪の歌が有名だと思いますが、「たなばたさま」という題名の歌なんですよ!

ささの葉 さらさら
のきばに ゆれる
お星さま きらきら
きん ぎん 砂子
五しきの たんざく
わたしが かいた
お星さま きらきら
空から 見てる

作詞/権藤はなよ 補作詞/林柳波 作曲/下総皖一

 なんだか懐かしいですよね~小さいころによく歌ったなあ、なんて。

歌詞はあのころ、耳で聞いて覚えただけだったので、あいまいでしたが字で見るとなるほど…!となりますね!

 

※のきば:日本の家屋で屋根が建物からはみ出している部分が「軒(のき)」

     その軒の下の事。

※砂子:欣也銀を細かい粉にしたもの

※五しき:五色:青、赤、黄、白、黒

 

七夕を英語で説明したい方はこちらもチェック!

外国の人たちに英語で説明したい!という方へ

Tokyo With Kids - The Tanabata Story

七夕を中学英語で説明しよう【由来や伝説】 [英語] All About

ちなみに「七夕」は英語で「Tanabata」もしくは「Star Festival」。

短冊は「Paper strips」!織姫「Vega」彦星「Altair」!ですよ~

 

ちなみに「日本一の七夕まつり」について

日本一の七夕祭りと言われるのが「仙台七夕まつり

今年も、2018年は8月6.7.8日に開催されますよ!

www.sendaitanabata.com

 

 

ちなみに二番目は神奈川県の平塚!

【公式】湘南ひらつか七夕まつり | 開催概要

 

七夕のお祭りがこんなに大きな規模で行われているのを知りませんでした…!すごくきれいですし行ってみたいですね~!

 

おわりに

私もジンバブエの学校で子どもたちに「たなばた」を紹介しよう!

と思っていたんですが、日本と違って南半球にあるジンバブエ。織姫と彦星である夏の大三角形の「アルタイル」と「ベガ」が見えないということに気が付きました…(笑

 

それでは、北半球にいらっしゃるみなさん、日本は雨が続いているようですが、

素敵な七夕の夜になりますように…☆

f:id:riosa0903:20170707041007j:plain

とっても詳しく七夕についてまとめてあるサイトはこちら!

七夕特集 | 縁結び祈願 京都地主神社

 

あわせて読みたい

▼アフリカはアフリカのままがいい?それ、ほんと?

www.saoriooka.com

 ▼アフリカで恋しくなっている日本食ランキング!

www.saoriooka.com

 ▼奇跡の実話!おすすめの映画はこちら

www.saoriooka.com

Dance for everything!

人生にエッセンスを…♡