Beautiful Sky∼せんせいあのね∼

新卒ペーパー作業療法士、アフリカの特別支援学校で図工の先生してます。Dance for everything! 人生にエッセンスを…♡

父の日も過ぎたところで、私のお父さんの話をします。

f:id:riosa0903:20170827044959p:plain

Masikati!(こんにちは)

おーかです(´・ω・`)

 

父の日も過ぎたところで、今回は、前回のお母さんの話に引き続き、私のお父さんの話をします。

www.saoriooka.com

 

私のお父さん

私はお父さんのことを父さんと呼んでいます。兄も同じく父さんと呼んでいます。

 

 今になって、父さんは私が赤ちゃんの時のことを「かわいくなかった」と言います。冗談であってほしいです(笑)といっても、本当に可愛くなかったので、何とも言えません(笑)

 

父さんに何の仕事をしているのかと聞くと、仕事名で言わずちょっと長くて難しいことを言うので、いまだに一言でなんというのか知りません(笑)

その会社での仕事とは別で、均整術という体を治す仕事もしています。

 

娘の私が言うのもなんですが、父さんはスタイルがよくて、正直かなり悔しいです。

 

私が小さかった時、よく星とか宇宙の話をお風呂でしてくれました。

流星群の日に、一緒に庭で星を眺めたのを覚えています。

f:id:riosa0903:20170702233155j:plain

家の屋根に布団を引いて星を眺めたり、車で山の展望台まで行って、星を眺めたこともあります。四国の旅行で、満天の星空とたくさんの流れ星を見たことも。

白くて長い望遠鏡も私のお気に入りでした。

今思えば、父さんと星を見た思い出がたくさんです。私が今星空が大好きなのはそのせいだと思います。

 

私が中学生のころ、よくテニスの練習に付き合ってくれました。

 

私が高校生のころ、塾帰りの私と仕事帰りの父さんが同じ電車になることがあって、よく一緒に自転車で駅から帰りました。

たまに父さんは車に乗って、自転車に乗った私を車のライトで照らしながら家まで帰りました。

 

どこへ行くときも、父さんが車を運転してくれました。四国、九州、関西、母さんが助手席で寝ていても、それを笑ってみているだけで、一人で運転してくれます(笑)

 

私が大学生になって、車の免許を取って実家に帰ると、運転の練習に付き合ってくれました。天気がいい日は、私の運転で小さいころ星を見に行った山にドライブにいったり、瀬戸内海の小さな島をぐるーっとまわったりをよくしました。私がドライブの帰りに眠くなったら、運転を代わってくれます(笑)

 

父さんと二人でお好み焼きを食べにいったり、ラーメンを食べに行ったり、たまにお互いイラっとすることはあるけど仲良しです。

 

そんな私の父さんは、電車で2時間近くのところまで仕事に行っています。

毎朝6時には家を出て、夜は10時頃帰ってくるのが普通です。自転車で駅まで行って、電車に乗って、バスに乗って、会社まで行きます。

休みの日も仕事に出ることがあります。それでも私は、彼が文句を言っているのを聞いたことがないかもしれません。

 

父さんはかなり計画的です。

おかげで、お金のことを気にすることなく、兄も私も大学まで卒業させてもらいました。

じいちゃんとばあちゃんの安全を思って、会社からでも見れるモニターを設置しました。家もオール電化にしました。震災などがあっても車でも寝れるようにと考えて車を購入していました。

 

父さんは資格マニアです。

細かく分けるとおそらく60近くの資格を持っています。文系なのに理系の勉強を会社に入ってから始めました。後輩に、まずは自分がやって見せる、というスタンスです。

私が大学受験生の時、よく夜や、朝の電車の中で一緒に勉強したのを覚えています。いまだに記録更新中だと思います。

 

父さんは妻、つまり私の母さんが好きです。

親友のような関係でいつもいいなあと思いながら見ています。

母さんがインドネシアに住んでいた時には、年に3回くらいインドネシアまで会いに行っていました。

 

父さんは夢がたくさんあって、想像するのが得意です。

ボートが欲しいなあ。南の島に行きたいなあ。この車が欲しいなあ。とよくそんな話をしていました。本当に楽しそうに話をします。

実際に、クルーザーも買い(時間がなくて乗れてなかった(笑))、南の島にも行き、欲しかった車も手に入れました。計画的で、かつ、夢をかなえられる人だと思うのです。

あとは、のんびりした退職後の生活を手に入れれば、完璧なのかもしれません。いや、まだ彼は他に夢を持っているかもしれません。

私の夢見がちな性格は、きっと父親ゆずりだと思います。

 

あんまり反抗期がなかったと思われる私なので、お父さんきらい!なんて時期は一切なく、数回ケンカしたことがあるけど、やっぱり仲良しです。

今も、母よりも兄よりも、ジンバブエにいる私に電話をくれます。

 

文句も言わずに、家族を支えるために朝早くから夜遅くまで仕事を頑張ってくれてありがとう。勉強も、夜空の楽しみ方も、夢を描いてわくわくすることも、大切な人を大切にする方法も、父さん自身がやって見せてくれました。

私が迷うと現実的なアドバイスもきちんとくれる、本当に私が尊敬する人です。

 

次に父さんが叶える夢が楽しみです。

私も負けないように頑張ります。

 

いつも本当にありがとう。