Beautiful Sky∼せんせいあのね∼

世界をもっとカラフルにする情報発信中…!

3日間断食ダイエット?失敗から学んだ断食の注意点と正しいやり方

f:id:riosa0903:20180919195005p:plain

こんにちは!さおりん(@319ss)です(´・ω・`)♡ 

 
この記事を読んでいる人はおそらく「断食って失敗しないの?」「断食でダイエットできるの?」そんな風に思っている人かもしれません。
 
 実は、わたし、3日間の断食に失敗しました。
 もう一度言います。
 
 
 失敗しました…!!!
 
 
 うわぁぁああん…(´;ω;`)!
 
ということで、今回は、わたしの実体験と、本当は取るべきだった方法を一緒にご紹介します
 
これから断食しようと考えている方には同じ失敗をしてほしくないので、ぜひ読んでほしいです! それでは今回もよろしくお願いします(´・ω・`)
 
目次

わたしが3日間断食にチャレンジしようと思った理由

f:id:riosa0903:20180919181731j:plain

まず、わたしがなんで3日間の断食にチャレンジしたのかについてですが、主に理由は2つ。
 
①胃腸を休める時間が必要だと思った
②断食であわよくばダイエットしたかった 
 
これですね!
 
実はわたし、2年間アフリカ大陸にあるジンバブエという国に住んでいたんですが、日本に帰ってきてからというもの、
 
日本のお米うまい!
 
お肉うまい!
 
お菓子うまい!
 
水ですらうまい!
 
なんでもうまーーーーい!
 
ってな感じで、ほんと暴飲暴食が続いていたんですよ。 
 
そこで、体重も増えてきたし、このままじゃやばいと思いまして、極端な選択のように思えるかもしれませんが、余計なものを食べない!という決断を下しました(笑)
 
 

食べないって危険だよ!やめときな!

「わたし断食します!」これだけ聞くと、

 

「出た出た。女子のダイエットしたい宣言。食べないとか危険すぎだろ。やめとけ」

 

そんなふうに思う人もいう人もたくさんいる!知ってる!!ってか言われた!!!

 

のですが、私はそうは思わないのです。なぜか。

 
 なぜなら、以前からTwitterやブログで断食について発信していた中村ひろきさん(@you_chiryoin)の断食について発信を見ていたから。
 
断食は確かに、簡単に言えば食べないことだし、もちろん体重も落ちます。
ただ、それだけじゃないのが断食なのです。それに、断食にまつわる健康法についてのお話は、遠い昔からあるほどなんです。
 
という中村さんのブログやTwitterに惹かれて、初!noteを購入ました!
 
そのnoteは、断食の歴史や効果、理論的なもの、経験談などついても、とっても詳しく書いてあって、もう断食やる気MAX!
ということで、初めての3日間の断食にチャレンジしてみました!
 
▼ちなみに前回は、ジンバブエにいるときにおかゆ断食なるものをトライしました。

www.saoriooka.com

 
 

そもそも断食はダイエットのためのものじゃない

f:id:riosa0903:20180919211035j:plain

最近では断食→食べない→ダイエットという考え方も増えてきているようには思えますが、断食はそもそもダイエットのためだけににあるものではありません。

断食とは:一定の期間、全ての食物あるいは特定の食物の摂取を絶つ宗教的行為。

 ▶断食 - Wikipedia

 

 中村ひろきさんのブログでも、こんなことが書いてありました。

6000年前に建てられたピラミッドの碑文には、次のような一文が刻まれているそうです。

 

われわれは食べる量の4分の1で生き、4分の3は医者のために食べる。

 

つまり、「少食こそ健康の源であり、食べ過ぎは医者を儲けさせるだけだ」と。

 

へぇぇぇぇえ。でしょ?

エジプトでは、6000年前からこんなことが言われていたんですって。さらに、その他の国のことわざも見てみましょう。

 

・断食で直らない病気は、医者でも直せない(ドイツのことわざ)

・断食はメスを使わない手術である(フランスのことわざ)

・すべての薬で一番いいのは、休息と断食である(アメリカのことわざ) 

出典▶暴飲暴食の害がすでに6000年前の古代エジプトで判明していた話 | 中村ひろき公式ブログ

 

断食で 治らない病気は医者でも直せな…い…!

ことわざって、そんなでたらめなこと言うようなもんじゃないし、これは断食がただの危険なダイエットではなくて、健康にいいということを証明していますよね! 

 

わたしも、あわよくばダイエットしたい!という目的で断食に励んだわけなのですが、、、、

こんなにきちんとした背景がある断食で、「健康」も手に入れられて、かつ体重も落ちるというのは、もう、最高じゃないですか??

 

一石二鳥的な。

この気持ち、わかってもらえるかな。笑

 

期待できる断食の効果

 断食は、ただただ体重落としたいダイエットとは少し違ってたくさんの効果があります!その効果がこちら↓↓

花粉症やアトピー

腸内環境が整うことで免疫機能が改善する。

 

肩こりや腰痛

胃腸に集中していた血液が筋肉へ流れ、コリが改善する。

 

冷え性やむくみ

ミトコンドリアが活性化して腎臓が元気になり、代謝ホルモンが活発になる。

 

生理不順やPMS

腸内細菌・自律神経が整い、ホルモンバランスが正常化する。

 

不眠症

腸内環境が整うことで睡眠ホルモンの分泌が高まる。

 

便秘や下痢

腸内環境が改善することで、腸内細菌の働きが活発化する。

 

出典▶プチ断食のやり方と効果を公開!3日間で4.2kg落ちて胃腸に土下座しました。 | 中村ひろき公式ブログ

このほかにも、

・化粧のノリがよくなった!

・集中力が高まった!

・睡眠の質が良くなった!

など効果があるようです。 

 

効果がたくさんあって、すごいですね!

はじめはダイエット目的だったはずが、ただ痩せればいいというものではなくて、もう頭が健康志向になってっちゃてます(笑)

 

 

今回わたしが行った断食のやり方と例

f:id:riosa0903:20180919155926j:plain

さて、やっとかよ!って感じかもしれませんが、わたしが今回行った断食について、やり方を見ていきましょう!

参考にしたのは中村ひろきさんのこのnote↓↓

▶24年間苦しんだ鼻炎が4日で消えた。鍼灸師がゼロから教える断食の教科書(4万字)|中村ひろき|note

 

断食3日間といっても3日間で終わらず、準備期間と回復期間を含む8日間で断食を行っていきます。

 

準備期間(2日)+断食(3日)+回復期間(3日)

 

断食3日間は、基本的に口にしていいものは、水と塩です。

もし、慣れない断食によって体調が悪くなったりしてしまったときは、ハーブティーや具が入っていないお味噌汁、炭酸水は口にしてOK!

 

飲んではいけないものは、糖分を含むスポーツ飲料やコーヒー(カフェイン)など胃腸に刺激が強いものです。

 

一方で、断食期3日間は水と塩だけということがわかりましたが、準備期間と回復期間は何を口にしていいのかということも重要なので、以下でしっかりと確認しておきましょう!

わたしの断食中の経験も付け加えています。

 

 

断食の準備期間(準備食)で食べるもの8種

f:id:riosa0903:20180919155905j:plain

この準備期間は、3日間の断食期間をより過ごしやすくするためと、胃腸に負荷をかけづらくするために実施します。

 

この2日間は、糖や炭水化物を抜いた「まごはやさしいっす」を取り入れた食事を取ります↓↓

ま:豆類

ご:胡麻

わ:わかめ海藻類

や:野菜

さ:刺身

し:しいたけキノコ類

い:芋類

つ:漬物

す:酢の物

※野菜とありますが、ジャガイモや玉ねぎ、カボチャ、トウモロコシは糖質が高いので、さけるのがベターです。

 

この「まごはやさしいっす」をもとにメニューを立てていきます。

わたしの場合は、サラダ・納豆・お味噌汁・お豆腐の組み合わせで献立を考えていきました! 

 

ちなみにわたしの準備期の様子を公開すると、こんな感じ。(恥ずかしい)

 

 

断食はまだ始まっていないにもかかわらず、普段の暴飲暴食が影響してか、空腹感が止まらないという事態…。

準備期間なので、少しは食べているにもかかわらず、こんな感じで、この準備期間をせずに断食をしていたらと考えると恐ろしいですよね。

 

 

わたしの断食3日間。これが噂の低血糖の症状か!

f:id:riosa0903:20180919210907j:plain

さて、2日間の準備期間が終わったところで、実際に断食を開始しました!

この断食期間は、基本水と塩だけを口にします。

 

断食をしてわかったことは、普段、食べることにどれだけ時間と思考を使っているかということです。

 

食べたい食べたい欲↑↑とありますが、「食べてはいけない」と決まった瞬間から、「食べる」ということに意識が向いてしまってもう大変でした(笑) 

 

 

Tweetを見てもらうと、気付くと思いますが、立ちくらみや気持ち悪さなど、相当つらそうですよね(笑)

体重が順調に減っていくことだけがモチベーションになっていました(危険…)

 

 

ちなみに、これらの症状は、普段炭水化物や甘いものなどを多く食べる人は出やすい、低血糖の症状だそう

この時点ですでに、自分のこれまでの食生活が、自分が思っていたものよりもひどかったということを自覚しました…。

 

 

 3日間断食。断食失敗しました…!!!

 さて、断食期間3日目。

めまいと気持ち悪さであまりにも体調が悪いので、回復期の1日目にやる梅流しを1日繰り上げて、断食期3日目の夜に早めてやりました。

 

無理せず、あきらめるの大事!

 

というのも、断食noteを書いた中村さん(@you_chiryoin)に勇気振り絞ってTwitterのメッセージで質問したんです。

 

こんな症状が出ていて、結構しんどくて、断食を中断しようと思っているので、中断の方法や口にすべきものそうでないもの、教えてください!!!!!

と聞いてみると、

 

めちゃくちゃ丁寧な返信が返ってきました…!!!

 

中村さん優しすぎます…。

このようなアドバイスをもらいました↓↓

ー断食の中断は悪いことではない

ー3か月に1回くらいチャレンジして、1年後くらいに3日間断食が成功するくらいの気持ちでいい

ーめまい、倦怠感は低血糖の症状。糖質を普段よく取る人はでやすい

ーご飯・麺・甘いものを食べている人は、準備期間を2日と言わず1週間くらいとった方がいい(1週間ずっと「まごはやさしい」メニューではなくても、断食に向けて少しずつフェードアウトさせていく感じ)

断食を中断する私に対して、優しいフォローのお言葉まで…!

<中断するにあたって>

ー宿便は出ないかもしれないけど梅流しはしてみてOK

ー具無し味噌汁や、サラダ(30回以上噛む)をたべよう

ー血糖値の急な上昇を避けるために、今は糖質は避けよう!

中断方法と、わたし用の具体的なメニューも考えて、教えてくださいました…!!!感動で震える…!

 

このアドバイスをもとに、わたしは断食を3日目で中断し、回復食に移ったのでした…。

 

その数時間後、

 

 

 

ぶっ倒れました・・・・・!!!!!!!!!!

 

 

…は?ですよね。

あんなに丁寧なアドバイスをいただいたにもかかわず、なんでやねん!って感じですよね。回復食の梅と大根の汁のんだやん!って。

 

しかし、ベッドから起き上がるときに立ちくらみがくらみすぎて、そのまま床に倒れてしまったわけなんですが、母親が慌てて駆けつけるという。もう、恥ずかしいが過ぎましたね。。。(笑)

 

中断するのが遅かった…。

 

 

断食でダイエットをしたいと思っている人へアドバイス

f:id:riosa0903:20180919155854j:plain

そんな感じでわたしの断食は「ぶっ倒れる」という結果で終わってしまいました。

原因は「無理しすぎた」ということ。

 

とくに私の場合は、チョコレート中毒くらいのチョコレート好き、ご飯・麺大好き、常におなかいっぱいまで食べる。というような食生活だったので、ザ・糖中毒でした。

 

しかし、自分が糖中毒だとは気が付かず、これまでの食生活を棚に上げて、準備期間は2日で行けるっしょ!的な感じで断食をやってしまったのです。

※断食noteにはしっかり、「ご飯や麺など、糖質をよく取る人は準備期間を1週間くらいにするのがいい」と書いてあったのに…!!!!

 

それに、あれほどの症状が出ていたにもかかわらず、わたしが断食をしばらく中断しなかった理由が、「あわよくばダイエットしたかった」から。

 

体調が悪くても体重が落ちていくのが嬉しくて、もう少し断食を続けようと行った思いがあったのが事実です。そのため、断食を中断するのが遅くなって、ぶっ倒れる始末。

 

そもそも断食はダイエットのためではありません。

痩せたいから食べないでは、わたしのように危険な状況になることがあります。

 

なので、ダイエットしたいから断食したい。という人は、本当に気を付けてください!!!!まじで!!!

 

それに、断食は1回やっただけでは、その時は痩せてもリバウンドしやすいんです。

 

この、準備期→断食期→回復期を3か月に1回くらいの頻度で実践して、何度も断食していると、断食をしたときにリバウンドしにくい身体に変わっていきます

 

だからね、1回の断食でダイエットしようという考え方はやめよう!というのが私からのアドバイスです。経験してわかりました。

 

 

初めて断食をする人へのアドバイス 

 初めて断食をする人へ、初めての3日間断食に失敗した私からのアドバイスは、

①断食をする前に自分の普段の食生活を見直してみよう

→炭水化物や甘いものをよく取る人は準備期間を1週間ほどとって断食期間に入りましょう。

 

②めまい・しびれなどの症状が出たら無理はしない

→断食は数回するうちに慣れていこう。倒れる前に中断しましょう!我慢・無理は厳禁です!

これ。

せっかく断食は健康にいいものなのに、倒れてしまっては本末転倒です。

 

現代の人々は、昔の人たちと比べて糖質中心の生活をしている人も多く、断食中に低血糖の症状も出やすいので、自分の身体の声を聴きながら、徐々に断食に慣れていきましょう。

 

わたしは、今回のは初回の断食(失敗)だったので、次回10月ごろ、2回目の断食にチャレンジしようと思います。その時は無理しすぎない予定です!!!

 

 

3日間の回復期(回復食)について

わたし自身が、断食失敗に終わったので、書き忘れそうになりました!すみません!(笑)

 

断食期間3日後の回復期3日についてですが、

1日目:梅流し(大根と梅干しを水で煮たものを大量に飲む)

    →宿便をだす 

   梅流しの後、具無し味噌汁

2日目:具無し味噌汁、梅流しの大根、野菜サラダ

3日目:まごはやさしいっすに沿ったメニュー

 で進めていきましょう!

 

※この回復期がこの8日間の断食の中でも一番大切な期間で、回復期をちゃんとすることで、断食の効果をより発揮させることができるので、3日間の断食に成功した人は、せっかくなので回復期までしっかりやることをお勧めします!

 

あわせて読みたい

▼中村ひろきさんの断食note

t.co

おかゆ断食は成功しました!ダイエットのきっかけにはいいかも?

www.saoriooka.com

 ▼あなたを食べ物に例えるとなんですか?

www.saoriooka.com

 Dance for everything...

人生にエッセンスを♡