Beautiful Sky∼せんせいあのね∼

世界をもっとカラフルにする情報発信中…!

3か月前でも間に合う!作業療法士国家試験の勉強法とコツ

f:id:riosa0903:20180920231319p:plain
こんにちは!第51回作業療法士国家試験を受けましたさおりん(@319ss)です!

 

この記事を読んでいるあなたはきっと、「今年国試だ~どうやって勉強しよう」今から勉強しても間に合うかな?」といった不安が多少ある人かなと思います。

 

実はわたし、作業療法士国家試験の勉強を本格的に始めたのは12月。国試のおよそ3か月前なんですよね。ちなみに1月の模擬試験ではクラスでビリ。正答率は30~40パーセントだったと思います。

 

そんな私が、3か月必死に勉強して2月末の国試では、80パーセント越えで合格できました。

 

今回はそんな私が実践した勉強法をご紹介したいと思います。



目次

国家試験の出題基準、第51回に変更されている!

国家試験の出題基準は、およそ6年ほどで変わると言われています。

 

ただ、出題基準が変わったからと言って、いきなり「全然わかんねえ!!!!」となるほどではないので、普通に勉強していれば大丈夫です。

それに、一番最近で変わったのは第51回の時なので、今年(平成31年)の第54回の試験は大きく変わらないはず。

 

詳しくは、厚生労働省のホームページで確認できるので、心配であれば確認しておくのがいいでしょう。

平成28年版理学療法士作業療法士国家試験出題基準について

 

過去5年間の作業療法士国試の合格点数

過去の合格基準を見てみましょう。毎年、全体の6割取れば合格となっています。

ー第53回ー

 

総得点 

167点以上/277点

実地問題

41点以上/117点

ー第52回ー

 

総得点 

167点以上/277点

実地問題

41点以上/117点

ー第51回ー

 

総得点 

167点以上/278点

実地問題

43点以上/120点

ー第50回ー

 

総得点 

165点以上/275点

実地問題

41点以上/117点

ー第49回ー

 

総得点 

165点以上/275点

実地問題

41点以上/117点

年によって満点の点数が違うのは、その年の国試の問題に、正解があいまいなものが含まれていたりするときに、その問題を採点対象外にしたり、複数の選択肢を正解として採点したりするからです。

 

165~167点ぎりぎりを目指してしまうと、その年によって合格点が前後するので注意が必要です。最低でも全体の7割獲得を目指して勉強しましょう。



3か月前でも受かる!国試勉強法とその流れ 

それではここで、2月末の国家試験に向けて、わたしの勉強法を紹介していきます!

※勉強は早くから取り掛かるに越したことはないです。できるのであれば早く始めましょう。

 

①過去問をひたすら解こう!10年分1周目

 まずはじめは、過去問をひたすら10年分解いてみましょう!難しかったら半分でも可です。

 

この時、答え合わせはしますが、解説は読まずに、間違えたところの回答を見て、正しい答えをチェックして終わりです。

 

「いやいや!それじゃあわからないままだし無駄でしょ!」と思うかもしれませんが(私も思っていました)無駄ではありません。

 

・どれほどの問題量なのか

・どんな問題が出題されるのか

・どの分野が点数が高いのか

 

この辺をしっかり見ていきましょう。勉強し始めは、作業療法士の国家試験の傾向をしっかりつかむ時期です。この過去問を解くときは、できるだけ早く解いていきましょう!※「またこの問題か!」という問題にもいくつも出会うはずです。


②過去問10年分(or5年分)2周目!解説を読んで国達に書き込もう!

さて、過去問10年分(もしくは5年分)をひたすら解いて、国試の傾向をつかんだら、次は過去問2週目です!①でやった過去問をもう一度解いていきましょう。

しかし、この時は、答え合わせをしたらしっかり解説を読んでください。

 

そこでおすすめなのがこれ!

国試の達人シリーズ

・運動解剖生理学編

臨床医学

作業療法学編

この3つをそろえておくのが無難です。

国試の達人 PT・OTシリーズ 2019?運動解剖生理学編?第24版

国試の達人 PT・OTシリーズ 2019?運動解剖生理学編?第24版

 
国試の達人 PT・OTシリーズ 2019?臨床医学編?第20版

国試の達人 PT・OTシリーズ 2019?臨床医学編?第20版

 
国試の達人 OTシリーズ 2019?作業療法編?改訂第8版

国試の達人 OTシリーズ 2019?作業療法編?改訂第8版

 

 この国試の達人は、かなりシンプルに要点だけまとめられている参考書です。書き込む場所が十分にあります。

 

なので、過去問を解いた後に、解説を読んで覚えておきたいと思った点や、プラスして調べた点について、この国試の達人の対象ページに書き込んでいきましょう!

 自分がわからなかったところをわかるようにするための、専用ノートを作成するのです。

 

書き込みが多いと、自分がよく間違う問題の分野だったり、よく出題される分野だということが、過去問を回数解いていくにつれて分かってきます。

 

過去問の2週目では、徹底的に問題数をこなし、わからないところを調べて書きこむ作業をしていきましょう。時間があるときに、国試の達人を取り出して、自分が書きこんだところを復習するのもおすすめです!


③クエバンで苦手分野を克服!

さて、国試の2週目が終わったら、次はエスチョンバンクを解いていきましょう!

苦手分野だけと言わず、全部解いてみるのがベターです。

このテキストは、国試の問題と解説が載っているのですが、絵や表、語呂合わせも載っていて、解説もかなりわかりやすくなっています

 

なので、このテキストで手に入れた情報を国試の達人に書き込み、このクエスチョンバンクで不十分な点は国試の達人を調べて補う。というように、並行してテキストを使っていくといいです。

 

毎年新しいものが出ているので、新しいものは自分で買い、古いものも先輩などから譲ってもらい、幅広い年の問題をカバーしましょう!

クエスチョン・バンク 理学療法士・作業療法士国家試験問題解説 2019

クエスチョン・バンク 理学療法士・作業療法士国家試験問題解説 2019

 

 

④模擬試験を最大限に活用しよう!

模擬試験は学校によってもスタートする時期が違いますが、国試の過去問以外を解くいい機会です。解説も充実していますし、模試を受けておしまい!ではなく、しっかり復習しましょう。

 

模試は基本、国試より少し難し目に作られていることが多いので、点数に一喜一憂せず、復習することで解ける問題を増やしていくことが大切です。

 

時間があるのであれば、忘れたころに同じ模試を再度解いてみるのも有効です。


⑤過去問3周目!解ける!を体験して自信を付けよう!

さて、徹底的に問題数をこなし、暗記も終わったら、最後に過去問3周目を解いていきましょう。

これだけ問題数をこなし、国試の達人とクエスチョンバンクで勉強したら、1回目に解いた過去問の点数とは比べ物にならないほど、点数は跳ね上がっていることでしょう。

 

国試直前、最後に同じ過去問の3周目をこなし、伸びた点数を見て、自信をつけましょう。この時点で7~8割取れれば、国試は受かります。5~6割でも、ここから復習を繰り返せば大丈夫です!

作業療法士の国試!勉強する上でのポイント 

 ①試験の時間は2時間半が二回!集中力を付けよう!

作業療法士の国家試験は午前2時間40分、午後2時間40分の計5時間20分です。

正直な話、時間は余ると思います。しかし、1年に1度しかない国家試験。せっかく勉強してきたのに落ちるわけにはいきません。考えるなり、見直しをするなりして、時間をいっぱいに使いましょう。

 

そこで必要になるのが集中力

なかなか慣れていないと2時間半も集中して問題を解き続けることはできません。ですから、国試の勉強をするときは、2時間半、など、まとまった時間をとって勉強する機会を作ると、本番の長丁場も安心です。

 

マークシートで解く練習を使用

国試は全問マークシート方式です。ですから、過去問を解くときには、必ずマークシートを使い、慣れておきましょう。

 

間違って消すときは、きれいに消す。マークはきれいにする。マークした場所は解いた番号の場所か、よくよく見直す。

どんなに勉強しても、マークミスをしてしまってはもったいなさ過ぎます。機械は、あなたがどれだけ努力して勉強したかなんて、考慮してくれません。

 

1年に1度しかない国家試験。マークシートは丁寧に!日ごろから練習しておきましょう。

 

③国試は団体戦だ!時には友達と勉強しよう!

ひとりの方が集中できる。そういう方は、一人で勉強するのもいいかと思います。

ただ、わたしは国試の勉強中は毎日学校に行って、クラスメイトと同じ空間で勉強していたので、友達と一緒に勉強するメリットをここでは紹介します。

 

・アウトプットすることで頭に残りやすくなる

人に教えるときには、自分が勉強したことを整理して言葉にする必要がありますよね。声に出して人に教えることで、記憶にも残りやすくなるのでおすすめです。

 

・自分が知らない内容を教えてもらえる

友達と勉強していると、人それぞれ得意な分野も違うことが多いです。

同じテキストを使っていたとしても、持っている情報は違います。自分が知らない情報を友達からもらったり、あげたりすることで、少しでも幅広く学び、正確に問題を解けるように知識を増やしていきましょう。

 

・問題を出し合えば息抜きしながら勉強できる

また、友達との問題の出し合いは、いい息抜きになります。

息抜きをしながら勉強できるのです。それに加えて、友達と問題を出し合って比較することで、自分が今どのくらいのレベルかということもわかるので、危機感も持つことができます。

 

④基礎は語呂合わせで覚えよう!

基礎は、応用と違い、知っていれば確実に解くことができます。

ただ、お覚えるのが大変なんですよね。骨とか筋肉とか、筋肉が付く位置とか、生理学なんて、どのホルモンがどっから出て…とか覚えられるか!!!って感じですよね。

 

これに対しては、語呂合わせを作って覚えると圧倒的に早いですし、正確です。わたしも、この作った語呂を友達と共有し合って、効率よく勉強しました。

 ちなみに、クエスチョンバンクなどにも語呂が載っていると思いますが、自分たちでもっと面白くて覚えやすいものを作るのもいいですね!

 

⑤体調管理はしっかり!

いや、これ。ホントに大事です。

睡眠をしっかりとって、体調管理は国試勉強中は特に気を付けましょう

国試本番の日に体調を崩すのも嫌な話ですが、ただでさえ、国試まで時間がない!という時に、風邪で寝込んでしまって勉強できない…。なんて、もう最悪です。

 

しかも、嫌らしいことに、国試の時期って、インフルエンザがめちゃくちゃ流行る時期なんですよね。必ず予防接種を受けてください。

あなたは受けなくてもいいかもしれませんが、もしあなたがインフルエンザに罹ったら、周りのクラスメイトまで大迷惑です!

 

平穏なクラスの関係を守るためにも、自分の国試合格を守るためにも、睡眠時間をしっかりとることと、体調管理とインフルエンザの予防接種は忘れずに!

 

おわりに

いかがだったでしょうか?

 

ちなみに、わたしは切羽詰まって急ピッチで勉強したので、1日朝8時から夜11時くらいまでは学校にこもって勉強しました。(休憩はちゃんとしています!)

 

こんな風にすれば、国試の勉強は最悪、必死にやれば3か月で間に合います。しかし、早いに越したことはありません。できるだけ早めに取り掛かって、時間とこころに余裕を持って勉強をして、国試には絶対合格しましょう!

頑張ってください★!

 

▼今日から勉強を始めよう!この記事で紹介した参考書はこちらから

▼書き込みして自分のオリジナルノートに!国試の達人!

国試の達人 PT・OTシリーズ 2019?運動解剖生理学編?第24版

国試の達人 PT・OTシリーズ 2019?運動解剖生理学編?第24版

 
国試の達人 PT・OTシリーズ 2019?臨床医学編?第20版

国試の達人 PT・OTシリーズ 2019?臨床医学編?第20版

 
国試の達人 OTシリーズ 2019?作業療法編?改訂第8版

国試の達人 OTシリーズ 2019?作業療法編?改訂第8版

 

 ▼クエスチョンバンク

クエスチョン・バンク 作業療法士国家試験問題解説 2018: 専門問題

クエスチョン・バンク 作業療法士国家試験問題解説 2018: 専門問題

 

 

あわせて読みたい

▼マイナス思考をプラス思考にする変換方法!リフレーミング作業療法の授業でもやったよね!!

www.saoriooka.com

 Dance for everything...

人生にエッセンスを♡