Beautiful Sky∼せんせいあのね∼

Dance for everything! 人生にエッセンスを…♡

意外とちびっこに大人気、カラフル腕時計⌚︎~私の大失敗とちびっこの成長~【図工レシピ】

Masikati!(こんにちは)

青年海外協力隊としてジンバブエで特別支援学校の先生をしています、おおおか、です!

 

今回は、とーーーーーってもシンプルで簡単なんだけど、ちびっこ達には大人気だった図工レシピを紹介します。ちなみに、これは私のアイデアではなくて、ちびっこが「腕時計を作りたい!」というアイデアをくれたので、やってみることになったんです。(大岡「自分で作ればいいじゃーん。」ちびっこ「できないもーん。」大岡「えー自分でできるよ~」ちびっこ「できないよ~オオカが作ってよ~」の下り(笑))

 

さてさて、今回もどうぞよろしくお願いしますm(__)m♡

 

目次

カラフル腕時計

材料✂

□色画用紙(学期初めに大量にもらえた奇跡)

□クレヨン

□ハサミ

□のり

色画用紙がなければ白い紙を塗ってしまいましょう~!でも厚めの紙がベターかもしれません。

 

工程✎

①色画用紙で時計のリストの部分と数字を書く部分を作ります。長ぼそい長方形と円形です。

f:id:riosa0903:20170304234220j:plain

②長方形のほうには自由に模様や絵を描きます。

③丸い方には、時計の数字と好きな時間のところに針を描きます。

④丸い紙を長方形の紙の真ん中に糊ではっつけます。

f:id:riosa0903:20170304234228j:plain

⑤長方形の紙の両端に、上下逆方向の切れ込みを入れて腕にはめれるようにします。(輪ゴムがあれば輪ゴムで止めれるようにしてもいいと思います。私は手に入らなかったので…)

f:id:riosa0903:20170306224658j:plain

(↑↑ちびっこの時計の数字おかしい…)

以上、カンターン(/・ω・)/

 

対象👥

□寮生

 肢体不自由、聴覚障がい、視覚がい、知的障がい

 があるちびっこ(6~10歳)計20名程

今回は寮の子どもたちを対象に行いました。

 

授業風景📷

さてさて、寮で放課後のアクティビティとして行ったので、紹介しますね!

まずいつも通り一緒に歌を歌ったり、図工のルールを確認して、ドヤ顔であらかじめ作っておいた時計を腕にはめて子どもたちに自慢(←ここ大事です)。それから説明しながら私が一つ、腕時計を作って見せました。

それじゃあ、紙を配って、オリジナルの腕時計作りスタート!

f:id:riosa0903:20170304234324j:plain

↑↑クレヨンは数が少ないのでシェア。「貸してね」の言葉と、「投げない」「床に落ちていたら拾う」は毎回のルールなんですが、なかなかまだ定着していません…。

 

あっという間に、模様を描き終わったようで、糊を求めて子どもたちがぞろぞろやってきました笑、糊も2本しかないのでシェア。

順番を待てない子が多いのが本当に今後の課題です(図工じゃないところ、、、)

 

そして、重要なことに気が付きました。私の準備不足で、長方形の画用紙のほうに切り込みを入れておくのを忘れてしまっていたんです。ハサミは1本しかなかったし、子どもたち(特に肢体不自由、盲)のちびっこにはハサミを使わせてあげられなかったので(人数多すぎ)、私が切れ込みを入れて回ったのですが、、、、、

 

あーーーーーー。人数多すぎ。

20人以上の腕時計に切れ込みを入れて子どもたちの腕にはめて回りました。20っていう数って、意外と多いんですよね。その間、あっちの方では糊の奪い合いや、時計の数字かけないから書いて~!、あとから来た子たちのクレヨンどこ~?、間違えたからといってもう一枚紙ちょうだい~!といってくる子。

 

ぁぁぁぁぁああああああああ!!もう!!!

 

失敗だ。完全に失敗だ…。

自分の準備不足をかなり悔やみました。せっかく楽しく図画工作!をしたくてやっているのに自分の準備不足で自分の首を絞めている…。(笑)

子どもたちはというと…

f:id:riosa0903:20170304234227j:plain

できた腕時計を誇らしげに、かつ、うれしそ~につけて見せ合いっこ。

f:id:riosa0903:20170304234201j:plain

時計の数字が描けない子には、寮生のお兄ちゃんたちにお願いして書いてもらいました(途中私、お手上げ∼✋ってなってしまいました)

f:id:riosa0903:20170304234211j:plain

時計はカラフルでかわいいですね~

f:id:riosa0903:20170304234200j:plain

↑↑朝仕事に行く前のお父さんみたい(笑)

f:id:riosa0903:20170304234140j:plain

↑↑笑顔は最高です、、、!!!!この笑顔を見るとやってよかったと、大岡、救われます。

f:id:riosa0903:20170304234136j:plain

全員作り終わってやっと息ができた気分でした(笑)

 

反省点

いや、なんでこんなシンプルな作業で息ができないくらい大変だったんでしょう。

ハイ。答えは簡単。完全に私の予測不足と準備不足でした。まずは、準備の段階でハサミを子どもたちには渡さないと決めていたにもかかわらず、切り込みを入れ忘れる、という失態。次に、子どもたちがどんなところでどんな行動に出るか予測不足だったということ。

特に、時計の針を描けない子が多かったのが予想していなかった点でした。私にとっては数字はかけて当たり前で、時計の数字は1~12なんです。3、6,9,12が90度ごとにあって、時計の針は長い針と短い針が1本ずつ。私にとっては当たり前だったんです。

でもちびっこ達にとったら、、、、

 

「時計の読み方、まだならってませ~ん(^O^)」

 

です。そんなことにも気が付きませんでした、私。勉強になりました。

…新卒大岡ただいま成長中です。

 

ちびっこが成長していました!

そんなこんなで、腕時計づくりを終えたのですが、次の週に違うアクティビティをしているときの事。

他の子供たちは「レンガを積んでお家を作ろう!」をやっているというのに、はっ!と気が付くと私の後ろでなんか一人だけハサミを使っているのが見えました…。

f:id:riosa0903:20170304234254j:plain

1人のちびっこが自前のハサミで紙をチョキチョキ✂!?その正体は、、、

f:id:riosa0903:20170304234255j:plain

腕時計でした!!!!!しかも針が付いている!!!(前回はペンで書いただけだったのに、、、)前回の腕時計と違って、針がちゃんとついている。

 

ちびっこに負けた(笑)

 

でもこれがとっても嬉しかったんです!材料を自分で使って(みんなと違うことをしていたのはちょっとあれですが)、好きなものを作る。そして、前回のアクティビティが、アイデアの引き出しとなっていたんだったらなおさら嬉しいなって思います。

 

おわりに

今回の図画工作のレシピは、シンプルだけど意外と子どもたちには人気だった、カラフル腕時計を紹介しました。

集団で行うアクティビティの時間としては、正直うまくいったとは言えないものでしたが、レシピだけを見るとシンプルで面白いものだし、ちびっこの成長も見られたし、私自身また一つ勉強になりました。

このアクティビティの後に、時計の読み方の練習をしたかったのに、エネルギーを使いすぎて忘れていたのは内緒の話…。また今度、もう一回腕時計づくりをするつもりなので、その時に、、、。

カンタンなものを作って子供と遊びたい、ちびっこに時計の勉強をさせたい、そんな方にお勧めです!

 

 

あわせて読みたい

▼私がジンバブエにいる理由はこちら

riosa0903.hatenablog.com

▼学校での活動はこちら

riosa0903.hatenablog.com

▼こんな記事も書いています

riosa0903.hatenablog.com


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

 Dance for everything!

人生にエッセンスを…♡