Beautiful Sky∼せんせいあのね∼

世界をもっとカラフルにする情報発信中…!

アフリカはアフリカのままがいい。~変わらないでほしいと願う私は先進国出身者~

Masikati!(こんにちは)

青年海外協力隊としてアフリカ大陸ジンバブエで活動中の、おーかです!

f:id:riosa0903:20161119043104j:plain

先日、配属先の学校にどこからかの寄付でガスコンロがやってきました!

 

ででーん!!

f:id:riosa0903:20170323231525j:plain

授業中でしたが、私も呼び出され、学校の先生達と生徒のお母さんたちの前でお祝いソングとして一曲歌わされました(なぜ私)

 

ガスコンロをみんなで囲って歌って踊って…♫

 

そんなうれしい?って感じかもしれませんが、彼らにとってはとっても嬉しいのです。なぜなら、今現在はこうやって給食(寄付がある日だけ)を作っていますから!

ででーん。

f:id:riosa0903:20170316213943j:plain

学校の裏庭です。

火が付きそうな木を持ってきて、火を起こして、そこで調理しています。今では慣れましたが、最初はこの光景にアフリカを感じたものです…(笑)

 

私も実際に体験させてもらいましたが、火をおこすのも大変だし、ただお鍋の中をかき混ぜるだけでも、あっついんですよね。火が広範囲なので…。

 

さて、この出来事を通じて私が感じたことを今回はお話ししたいと思います。

 

目次

発展していくアフリカ

アフリカ、と聞いて皆さんはどんなアフリカの景色を思い浮かべるでしょうか。

 

広大な草原?

地平線に沈む夕日?

歩いて学校へ通うキラキラした目の子どもたち…?

 

 

そう思っていたのは私です(笑)

勝手にそんなイメージを持っていました。

 

しかし実際は…。

 

特に私は首都で活動中なので、高いビルも街中では見られるし、普通にスマホを使っている人もいるし、車もビュンビュン通っています。

 

意外と子どもたちの中には「勉強したくない、めんどくさい」っていう子もいるし、チキンやポテトなどのファストフードが大好きな現地人も多く、食生活の悪化のせいで糖尿病や高血圧でなくなる人も多いんです。

 

なんだか思い描いていたアフリカと現実が違って最初は戸惑いましたが、

これがアフリカの今、です。

 

ただ、いろんなモノはあっても、管理が不十分だったり、使い方がわかっていなかったり、発展のスピードについていけてない感を感じるのはこれまた事実です。もちろん地方は少し違います。

 

ガスコンロがやってきた!

ガスコンロがやってきた!喜ぶ現地の人と複雑な私

今回、私の配属先の学校にガスコンロがやってきました。

現地の人は大喜び!

 

火を起こす、火加減を見る、暑い中で調理する、という環境からの脱出なので、それはもう嬉しいですよね!

 

一方で、喜ぶ現地人と同じ空間に、少し複雑な気持ちな私がいました。

 

「アフリカがどんどん発展していく・・・。」

 

最初に火を起こして調理をしているのを見て「これぞアフリカ!!!」とテンションが上がった私。昔からの調理法。それがガスコンロがやってきたことによって見られなくなる…。

 

アフリカっぽさをまた一つ失ってしまう…。

 

アフリカ大陸ジンバブエの発展への貢献のために協力隊として来ている(名目上は)のにも関わらず、素直に喜べませんでした。

 

私は先進国出身者。

私が勝手に思い描いていた「アフリカ」から、ものすごいスピードで発展していくアフリカ大陸ジンバブエ

 

アフリカを発展させたいというか、発展のお手伝いができればいいなと思って、協力隊としてここにきているにもかかわらず、発展していくこの国を見て少し寂しくなったりもします。

 

えー。だってさみしいじゃないですか。アフリカがアフリカっぽさを失って、どこもかも日本のように発展してしまったら…。

 

思い描いていた「アフリカ」は「アフリカ」のままであってほしい。

 

火のもとで料理をして、頭の上に物を乗せて絶妙なバランスを保ちながら運んで、手でゴシゴシ洗濯して、国ならではのサザを食べて、アフリカンドレスを着て、現地の言葉を話して…。

 

そのままであってほしいんです。

 

でもそう思うのはきっと、私が先進国出身だからなんだということもよくわかっています。

 

自分は携帯があってパソコンがあって、電気や水が不自由なく使えるところに住んで、らくちんな生活をしていて、「アフリカ」を「世界を知るための教科書」を眺めるかのように見ている。

 

自分が現地の人の立場なら迷わず「発展」を望むだろうに。

 

もし自分が現地の人だったら、スイッチ一つで火をつけたいし、スイッチ一つで洗濯したいし、車で荷物を運びたいし、おしゃれもしたいし、いろんな国のおいしいごはんも食べたい。

だって、そういうのがあるのは知ってるんですよ。

 

急成長したネット環境によって、いろんな情報は手に入るんですもの。知っているのに手に入らないのは、なんだか歯がゆい。はやく発展して手に入れたい。

 

そう思うんだろうに、私が何もかも手に入る国から来た人間だからか、「発展途上のアフリカ」を「アフリカ」と呼びたくてか、そういう現地の人の気持ちとは逆にこっそり「発展してほしくないな」って思っちゃっているようです。

 

おわりに

発展してほしいけど、発展してほしくない。

いろんなものが普及してほしいけど、その代わりに文化を失ってほしくない。

世界中のみんなが大変な思いをせずに暮らしてほしいけど、文明の利器が普及して文化的な面が見られなくなるのはさみしい。

 

あー。複雑だなあ。って感じなおーかです。っていうお話でした…。

もやもやした感じでごめんなさい。皆さんはこんな風に思った経験はないですか?

 

P.S. 学校に寄付されたガスコンロは、肝心のガスがないので使えていません!(意味ない)

 

あわせて読みたい

riosa0903.hatenablog.com

riosa0903.hatenablog.com

riosa0903.hatenablog.com


にほんブログ村


にほんブログ村

Dance for everything!

人生にエッセンスを…♡