Beautiful Sky∼せんせいあのね∼

Dance for everything! 人生にエッセンスを…♡

Beautiful Sky

せんせいあのね∼アフリカ大陸ジンバブエでの活動記録∼

壮大な景色と6000年前の壁画!一枚岩の丘・ドンボシャワが素敵過ぎた!~ジンバブエ観光レポート(Domboshava)~

Masikati!(こんにちは)

青年海外協力隊としてアフリカ大陸ジンバブエで活動中のおおおか、です!

 

最近、週末になると体調を崩すという病気に襲われていて、週末は家にステイ、ということも多かったのですが、今週もちょっとそれっぽくてですね…。これじゃ全然楽しくない!ということで、ちょっと思い切って外に出てみようと(´・ω・`)♡!

 

そして今回の外出先は、「ドンボシャワ(Domboshava)」。

近所のいつもお世話になっている現地人のおじちゃんと行ってきました!

f:id:riosa0903:20170304150327j:plain

 

目次

ドンボシャワって?

ジンバブエの首都ハラレのタウンからおよそ30㎞北上したところにある観光スポットです。

 

Domboshava(ドンボシャワ):ジンバブエの現地語であるショナ語でドンボ(Dombo)=石シャワ(Shava)=紅。つまり、「紅い石」という意味なんですね。

そう、ここ、ドンボシャワ、一枚岩でできた大きな丘になっているんです。そして、何がそんなに紅いのかというと、、、

f:id:riosa0903:20170304145206j:plain

こちら、岩の表面に張り付いたペンキのようなもの。紅い石と呼ばれるこの場所の紅の正体は苔。かっぴかぴで、見ても触ってもペンキみたいなんですが、この苔たちが一枚岩の丘を紅く染めているんです。その丘の写真は後ほど…。

 

見どころは紅い一枚岩の丘だけではなく、ここでは6000年前にブッシュマンという小っちゃい人たち(身長の低い、クッリック(下を鳴らして音を出す)で話す昔の民族)によって描かれた壁画も見ることができます。こちらも写真は後ほど…。

 

行き方

ジンバブエの首都ハラレのタウン内にある、フォースコンビターミナル(Forth St)からコンビ(ミニバスの事)で1ドルで行けます。片道30~40分程度です。

タクシーだと、交渉次第で往復25~30ドルといったところです。

f:id:riosa0903:20170304150249j:plain

今回私は、コンビ(ミニバス)を利用しました。白人のジンバブエ人のお友達に付き合ってもらって、ミニバスに乗ったのですが、、、

f:id:riosa0903:20170304145415j:plain

白人がぎゅうぎゅうのミニバスに乗っているのを私、はじめてみました(笑)ジンバブエ国籍でも、ヨーロッパ系の人たちは自分たちの車で移動していますからね。

 

「今日は見ものだね~。白人のおじさんとアジア人の女の子が一緒にミニバスに乗ってるなんてね!彼ら(他のジンバブエ人)にとってエンターテイメントだよ!!」

 

と笑いながら、全然他の人の目を気にすることなく、ふっつーにミニバスの場所を現地人に聞いてバスに乗り込むおじちゃん。(といっても彼もジンバブエ人)いいですね~!お付き合いいただき、ありがとうございますって感じです(´・ω・`)

確かに現地人にたくさんじろじろ見られました(笑)

 

ドライバーにドンボシャワに行きたいと伝えるとちゃーんとおろしてくれます。もし忘れられていそうなときは、30~40分したらコンナ看板が右手に見えるので、目印としてどうぞ!(帰りはここからミニバスを拾って帰れます)

f:id:riosa0903:20170304145410j:plain

バスを降りたら500mくらい直線を歩きますよ~

f:id:riosa0903:20170304145353j:plain

あ、そうそう、昔はこの地域でハラレの人々の食料を補うほどの作物が栽培されていたんだとか。

f:id:riosa0903:20170304145056j:plain

ハイ、ずーっと行くと、突き当りにレセプションがあります。

f:id:riosa0903:20170304145406j:plain

チケットを買って中に入りましょう~

旅行者:大人10ドル・子ども5ドル

現地人:大人4ドル・子ども1ドル

ちょっとお高めですが、せっかくジンバブエに来たなら行っておきたい場所です

f:id:riosa0903:20170304145333j:plain

※注意:ドンボシャワの丘の周りは何もないので、雷が落ちる危険性から、雨の日は行くのを避けた方がいいようです(ジンバブエで雨が降るときはたいてい雷も鳴ります)。

 

ドンボシャワを歩こう👣📷

レセプションを抜けたら、すぐに丘を登り始めます。

地面に描かれている矢印に沿って進みます!

f:id:riosa0903:20170304145331j:plain

岩の丘をハイキングです!

f:id:riosa0903:20170304145321j:plain

丘の上の方でたまった雨水が常に流れていて小さな川を作っています。

f:id:riosa0903:20170304145318j:plain

不思議なことに、岩の上ですが小さな森のようなスペースも。おじちゃんいわく、これがジンバブエの昔の姿らしいです。こういう森がジンバブエのいたるところにあったそう。(今は農地を作るために木が切り倒されていて減ってきているそう)

f:id:riosa0903:20170304145307j:plain

矢印に沿ってどんどん進みますよ~

ゆるやかな丘を斜めに登っていくのですが、結構しんどいです(笑)

f:id:riosa0903:20170304145302j:plain

↑↑なんだか洞窟っぽい雰囲気の場所に出ました

行ってみると…

f:id:riosa0903:20170304145253j:plain

↑↑洞窟でした!こちらが噂の壁画!6000年前のものなんですって。

f:id:riosa0903:20170304145252j:plain

雨風、そして人の落書きなどの影響で、劣化はしていますが、まだはっきり目で見ることができます。

↓↓洞窟の左端には、、、

f:id:riosa0903:20170304145241j:plain

穴(笑)?ここで火を起こして、丘の上に通じるこの穴を通って外に出た煙が、どのような動きをするのか昔の人たちは見ていたそうです。煙が風に流されて行ったら、神様が今は何もするな、という合図。煙がまっすぐ空に上がっていったら、やろうと思っていることを実行すべきタイミングという合図(あくまで現地の人からの言い伝えの一部です)

また、煙がなびく方向で、雨雲がやってくるかを判断していた、という話もあります(こっちの方が現実的かなー。こんなに周りに何も高いところがない丘だと、落雷を心配しないといけないし、なんて(笑))。

f:id:riosa0903:20170304145237j:plain

丘を登るにつれて、景色もどんどん良くなっていきますよ!

f:id:riosa0903:20170304145228j:plain

↑↑子どもたちがやってきました。

f:id:riosa0903:20170304145217j:plain

↑↑人懐っこくてかわいらしい子たち。丘を走り回って遊んでいました。

「どこから来たの?」と聞くと、「あーーーーーっち!」と丘から見えるちーーさな家の方を指さして答えてくれました。「どこの学校に通ってるの?」と尋ねると、今度は家とは全然違う方向を指さして「あーーーーーっち!」と答えてくれました。

 

遠いな。

 

歩いて通うんですって。ざっと5.6kmはあります。毎日片道2時間程歩いて学校に通ってるんですね。首都のど真ん中に住んでいると忘れてしまいがちですが、ここ、良くも悪くもアフリカでした。

f:id:riosa0903:20170304150346j:plain

↑↑とっても親切な子たちで、丘の一番高いところまで案内してくれました。にしても、ほんとに元気~。

f:id:riosa0903:20170304145226j:plain

↑↑と、途中にこんな岩の割れ目がありましたよ。これが先ほど紹介した下の洞窟で炊いた煙が通って出てくる穴らしいです。ここで昔の人たちは煙を見ていろいろ判断していたんですね。

f:id:riosa0903:20170304145211j:plain

↑↑途中から緩やかとは言いづらい傾斜の丘を登り、着きました!この丘の一番高い場所です!!!子どもたちは、案内を終えると「ばいばーい」と走り去っていきました。なんていい子たちなんだ。もののけ姫に出てくる「こだま」みたい…(笑)

f:id:riosa0903:20170304145208j:plain

↑↑どーんと広い空に広大な大地。温かい日差しと涼しく心地いい風。

しばらく座って、持って来たサンドイッチを食べながらのんびりピクニック。おじちゃんにジンバブエについて教えてもらいながら、のんびりのんびり。

さて、休憩もできたので、今度は下っていきますよ~。

f:id:riosa0903:20170304145147j:plain

↑↑下から丘を見上げるとなんだか砂漠みたい。

f:id:riosa0903:20170304145138j:plain

↑↑紅い!この紅と黄色の正体が、最初に説明した苔です。

f:id:riosa0903:20170304145128j:plain

↑↑丘と空のコラボレーションがたまらなくイイ感じ!!

にしてもこれが一枚の岩だなんて、大きな岩ですね~

f:id:riosa0903:20170304145115j:plain

↑↑流れてきた水が溜まっていました。昔の人たちはここの水を使ってお米を育てていたみたいです。

 

ハイキングを十分に楽しんだ後は、レセプションの前にあるジンバブエの有名な「ショナ彫刻(石の彫刻)」を見ることもできます。

f:id:riosa0903:20170304145114j:plain

f:id:riosa0903:20170304145106j:plain

↑↑よく見ると、、、見ざる言わざる聞かざる、ちゃうんかーい。

f:id:riosa0903:20170304145059j:plain

 計3時間ほど私たちはのんびりハイキング、ピクニックを楽しみましたよ~

こんな人にお勧め

さて、いかがだったでしょうか。一枚岩の丘、ドンボシャワ。私は個人的にはとっても好きなんですが、こんな人にお勧めです!

□首都から手軽に行ける場所を観光したい

□ハイキング好き

□昔の壁画を見たい

□ぽかぽか太陽の下でピクニックしたい

□都会を離れて静かなところでのんびりしたい

f:id:riosa0903:20170304150307j:plain

 

おわりに

はい。今回は、ジンバブエの首都ハラレから1時間以内で行ける、一枚岩の丘ドンボシャワを紹介しました。広大なアフリカの景色と、歴史的な壁画も楽しめる、とっても素敵な場所です。

騒がしい都会から少し離れて、のんびりハイキングとピクニックを楽しめる。そんな時間ってたまには必要。ちょっと郊外に足を延ばしてみると、改めて気づくこと、思い出すこともありました。都会に疲れたらまた来ようと思います。

 

ということで、これからジンバブエを訪れてみようという方や、遠いからちょっといけないなーという方にも旅情報、旅のおすそ分けができていたらうれしいなって思います。

 

それでは、今回も読んでいただき、ありがとうございましたm(__)m♡

f:id:riosa0903:20170304150335j:plain

 

あわせて読みたい

riosa0903.hatenablog.com

riosa0903.hatenablog.com

riosa0903.hatenablog.com


にほんブログ村


にほんブログ村

Dance for everything!

人生にエッセンスを…♡