Beautiful Sky∼せんせいあのね∼

Dance for everything! 人生にエッセンスを…♡

なんでも食べると言ったからには食べましょう。~砂編~

Masikati(こんにちは)!

青年海外協力隊としてジンバブエに派遣されています、大岡です。

 

前に、ジンバブエのフルーツを3つ紹介する記事を書きました↓↓

riosa0903.hatenablog.com

 

日本じゃあんまり目にしないフルーツがあってとっても面白かったです。はい!

今回はですね、題名の通り、~砂編~なんです。お付き合いください(´・ω・`)

 

天気も良くて風が気持ちいいそんな土曜日の朝でした。

以前レッスンを受けていたショナ語の先生と会う約束があったので、近くのカフェへ。(近くのカフェとか言っている時点でアフリカ感がない。)

先生はこれから大学に行くとのことだったので意外にもあっさりお別れ。

 

予想外の時間ができたので、毎日お世話になっている仲良しの近所のおばちゃんのところへ。(フルーツを売っている人です)

そこでいつものようにだらだらとお話ししていたんです。すると、、、

 

女性が歩いてきました。

 

近くまで来て立ち止まり、横の木をむしりだしました!

 

(…な、なにしてるの、このひと。)

 

こっそり仲良しのおばちゃんに「あの人なにしてるの?」って聞いたら、

「あれ、食べるんだよ♪」

って、どれ!木をむしって食べるものって、どれ!!(笑)

 

女性が去ってから、おばちゃんに質問攻め。

「何、何食べてたの?!」

「木?砂?」

「なんであの木なの!?」

 

女性が食べていたものの正体はこちらです↓↓

f:id:riosa0903:20161015190817j:plain

えっと、見えますか?

木の皮の上にこびりついている茶色のでこぼこしたもの。

 

むしってみましょう。

f:id:riosa0903:20161015190759j:plain

こちら。

…やっぱり、木?(笑)

嘘やん、あのおばちゃん、なんで木食べてたん。アフリカの人、みんなそうなんですか?3か月ここに暮らしてて、引っ越してきて1カ月。

ほぼ毎日ここで暗くなるまでおばちゃんたちと話してて、なんで真横の木が食べれることに気が付かなかったんだ、大岡。

 

損した気分だ!

 

…って違う。(笑)

 

「おいしいんだよ!さおりも食べたらわかるよ!」

ジンバブエに来たからには、なんでも食べてみたい大岡です、とかついこないだFacebookに書いちゃった私は、食べないことに罪悪感を抱き、、、食べます、大岡。

 

手に持ちます。

 

口に運びます。

 

口にいれます。

 

噛みます。

 

味わいます。

 

…おいし~

 

 

くない。(笑)

 

 

す、砂?これ、砂だよね。

もう一度見てみましょう。

f:id:riosa0903:20161015190759j:plain

砂、ですね!!!!

木じゃなくて砂!ですね!

 

それでは、大岡が食べたこの物体を紹介しますね。

名前:マダガ(Madaka)

入手方法:その辺の木にこびりついています。むしってください。

味・香:匂いはあんまりしません。味は、砂の味です。小さい頃になんか食べたことのある味。そんな気がします(笑)。現地の人は、「甘い」とか「ローストした味」とか言っていましたが、どんなに味わっても砂でした。ですが、ただの砂より、まろやかだった気はします。それと、ローストした味、というのは少しわかる気がしました。ちょっと香ばしかったです。

触感:シャリッ、ジャリジャリ…!皆さん小さいころに泥団子って作りましたか?それを作るときにサラサラな砂を集めたと思うんですが、それを少し固めて口に入れた。そんな感じです。

正体:ショナ語でマジュル(Majuru)という小さな虫が造る巣。英語ではTermite。日本語では、シロアリ。…シロアリの巣だったんですね!

 

シロアリって、お家にたくさん発生してお家を食べちゃう問題児なイメージです。

ここでシロアリについて少し↓↓

シロアリの食べ物

シロアリが木材を食べるのは、木材の主成分である「セルロースを栄養としているからです。

シロアリの移動

シロアリはとても弱い生き物です。
目は見えず、餌はにおいのみで見つけます。体の表面もやわらかく、他の生物に触れられただけでもすぐ死んでしまったり、太陽の光を浴びればたちまち干上がってしまいます。
そのため、移動する際は他の天敵から身を守るために、蟻道(ぎどう)という木・木片などで作ったトンネルを利用します

 

引用▶社会性昆虫(カースト制度)・食べ物や移動方法など、シロアリの生態について|シロアリ駆除.JP

 

つまり、ここジンバブエのシロアリも、木を食べて生きていて、移動の際に必要なトンネルを作るんですね!ただ、ここのシロアリはトンネルを作る際に、木・木片を使わずに、砂を使っていたんだと思われます

 

それをここジンバブエの人たちは食べているんですね!

 

シロアリもびっくりでしょうね。せっかく外敵や太陽の光から身を守るために作ったトンネルが、人によって食べられてしまうんですから。

 

現地の人曰く、特に妊婦さんが鉄分を摂取する際に食べるんだそうです

本当に鉄分抱負なのかは知りません。

そう、私が目撃したシロアリの巣を食べていた女性は妊婦さんでした!いろんな木に子のシロアリの巣はありますが、なんで私がいた近くの木をむしっていたのか聞くと、隣と隣はもう食べちゃったらしいです(笑)。次はまた隣の木に移動するんでしょうか。ふふふ(笑)

 

私がジンバブエで妊婦さんになったら、このマジュルというシロアリの巣、またいただこうと思います。(絶対ない、というかあっちゃいけない)

 

日本はシロアリってよく聞きますし、もし、日本でシロアリの巣を食べたことがある人は、感想をぜひ教えてください!また、ほかの国の方でも、国によって味が違うかもしれないので、レポート願います!よろしくお願いします!

 

こちらジンバブエからは以上です。

 


にほんブログ村


にほんブログ村

 

Dance for everything!

人生にエッセンスを…♡